heart_heart

アクセスカウンタ

zoom RSS 自転車の思い出 #幼稚園 #自転車 #neko

<<   作成日時 : 2016/04/24 19:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

 この自転車には思い出が詰まっている。 

画像


 今から24〜25年前になろうか、前に次男、後ろに幼稚園に通う長男を乗せ、家内が毎日園まで送迎していたのだった。 
 
 当時、保谷市(今の西東京市)の社宅に住んでいて、青梅街道を挟んで反対側にあった幼稚園へ、家内はゆるい下り坂、続いてゆるい上り坂をせっせと漕いでいたのだった。 
 
 今みたいに子供たちを頑丈に保護する椅子ではなく、ヘルメットを被せると言う発想もなく、通園させていた。 
 
 どの家庭も、そんな感じで、今にして思うとかなり危険だったのだな、とぞっとする。 
 
 それでも家内は頑張った。 
 
 ウチの方へ回ってくれる通園バスルートはなく、ご近所の奥さん方も、こんな感じで子供を送迎していた時代だった。 
 
 ただ、青梅街道を渡る時以外、車の通りは少ない住宅街を抜ける道だったので、余り危険は感じなかったのかも知れない。 

 この自転車を見ると、子供たちの小さい頃の様子がくっきりと思い出される。 

画像


 長男は後ろの席におとなしく乗っている、と言う訳ではなかったようだった。一方、次男は実におとなしく前の席に収まっていた。 

 次男はこちらに転居してからこちらの幼稚園に同じマンションのお友達と通園バスで通ったので、自身が自転車に揺られて母親に送迎されることはなかったが。 

 暫くして、私が長野へ単身赴任した時、この自転車は私の通勤の足となった。 

 雨の日も、雪の日も、この自転車で通勤した。 

 田舎の支店は、職住近接なので、自転車通勤は少なくなかったが、“ママチャリ”で通勤する男性は少数派だったように記憶している。 

 『この自転車を、二人の息子を乗せて家内は漕いでいたんだ!』と言う思いが、私の励みになったものだった。 

画像


 時は流れ、私もいよいよ現役引退間近。。。 早いものだ。 

 と、先日、「お宅の自転車、全く使っている気配が無く、ずっと駐輪場の下段に置きっぱなしのようですが、その場所を譲ってもらえないか?」と言う依頼が寄せられてきた。 

 思えば、単身赴任から戻ってきて、こちらでちょっとだけこの自転車に乗ったが、コケて一部破損、以来そのままになっていたのだった。 

 本当に久し振りに駐輪場に我が愛車を見に行ったら、、、、 ほこりまみれになった自転車が寂しそうにしていているではないか。 
 
 直して使ってやればよかったかな、とも思ったが、聞けば、依頼の主は、電動自転車を購入、非常に重いので下段でないと止められない由。 

 この自転車を上段に移そうかとも考えたが、もはやこの自転車、修理してまで乗る機会もないだろうということになり、粗大ごみ収集日に合わせて、手放すことにした。 

 管理人さんと「昭和の人間って、なかなか物を捨てられないんですよね。」などと話したりもした。 

 この後、最後に、管理人さんがホースで水をかけてくれて、ある程度元の色を取り戻していた。 
 
 時は流れ、時代は移ろい、ものの価値観、或は製品の性能もどんどん変わる。 
 
 気がつけば、我が家のChappyも、ウチに来た時は生後3ヵ月で、小ちゃかったが、もう、今年18歳になるのである。  

画像


画像

 
 地震が多い昨今、身を守っているのかどうか分からないが、このテーブルの下で寝ることが多い。 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
自転車の思い出 #幼稚園 #自転車 #neko heart_heart/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる