heart_heart

アクセスカウンタ

zoom RSS ありがとうございました #neko 

<<   作成日時 : 2017/03/04 19:55  

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

 
 
画像

 
 このブログを始めたのが 2004年5年30日 、Chappyが5歳の時のことでした。 
 以来約13年Chappyのことを綴ってきましたが、そのChappyが去る2月28日未明、リビングで私達4人に見守られながら天国へ行ってしまいました。 
 18歳6ヵ月でした。 
 
 18歳を過ぎてから急に“老け込み”始め、年明けから体調を崩しやすくなりそれ迄滅多にペットクリニックにかかることがなかったChappyが頻繁にかかるようになり、そして2月に入り、口の中に腫瘍が出来てから衰弱していきました。 
 
 食いしん坊のChappyにとっては何より厳しい状況で、最期まで「生きる」ことにこだわり、そして努めましたが癌にはかないませんでした。 
 
 息子達にとっては、長男、次男、三男=Chappy でいつも一緒だっただけに衝撃でした。 
 
 私は生まれた時から社会人になる迄常に傍らに犬のいる生活、妻も犬などを飼っていたことがあったので、出会いと、そして別れを経験していましたが、家猫がこう言うものなのか、Chappyが特別なのか、兎に角その存在感が絶対的でポッカリと大穴があいた感じで私たちもまた、今日に至るも目がにじむ状況で、初老の者が恥ずかしいやら情けないやら…です。  
 
 ここで少し思い出を綴ろうと思いましたが、情けないですがまだ淋しさを抑えられず、涙で画面がゆがむのでやめておきます。(田園都市線車内に掲出されたこれだけは リンク しておきたいと思います。) 
 
 健康面に不安がある家内は親の介護等々で心身ともかなり疲れていた処へこのような状況が重なり、そのことでもかなり緊張しました。 
 
 長らく痴呆症状態に陥り、胃瘻で“ただ、生かされただけ”の父が亡くなった時は涙の一滴も流れなかったものでしたが、「まだ僕は皆と一緒にいたいよ…」と訴え必死に生きようとしているChappyが息絶えた時は悲しみを抑えられなかった。 
 
 辛い時、苦しい状況に置かれ落ち込んでいる時、その者のそばにそっと近寄り、寄り添い気持ちを和らげてくれたChappy、我々を自分の思い通りに“操縦”したChappy、いつまでも空から見守ってくれているものと思います。 
 
 
 長らくこのブログにお付き合い下さった皆さま、ありがとうございました。 
 
 Twitterを始めてからは、お返事が遅れたり怠ったりで失礼してしまうので「コメント」欄は閉じましたが、その後も「気持ち玉」を付けていただき、嬉しく感じていました。ありがとうございました。 
 
 Twitterは アイコンを井の頭線に替えて 続けることにしました。  
 
 ブログはどうするか、まだ決めていません。(もともと「気まぐれブログ」でしたから大きなこと言えませんけれど。。。(^^;) )
 
画像


画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ありがとうございました #neko  heart_heart/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる